2015年8月22日土曜日

支笏がぼくのツアーをお膳立てしてくれた

一日、凪いだ水の上。

幸せは、歩いてこない。だって、水の上にあるのだから。




カヌーは難しい。
最初からうまく漕ぐ人はいない。

まずは、できないことを身体で感じてもらうところからツアーは始まる。
すぐに駆け寄りたい気持ちをぐっとこらえて見守る。



水草が例年以上に美しいのは、暑い夏だったからか。



湖の色も、夏を越えて秋色になっている。
どう説明すればいいかはとても難しいけれど。



支笏に合わせたのではなく、今日はぼくのタイミングに、支笏が合わせてくれていた。

ここがぼくの庭。女神の微笑を感じながら。



夏を越えたから出るピンボケ色。夏前はコントラストが強めでメリハリある色となる。



昼間。デキる助っ人にコツを伝授しつつ、ケーキ製作。
二人だと早い。


午後。久々の暑さに悶えながら。といっても本州勢は涼しげ。


支笏っ子とカヌー。


どんど、暗くなるのが早くなっていく。


2 件のコメント:

  1. 昨日は楽しい時間をありがとうございました。綺麗な景色はもちろん、心の込もったガイドにも癒され、またすぐにでも行きたい気持ちになってます。

    返信削除
  2. 人気ブロガー(?)kanaさん
    いやはや、嬉しすぎるコメントありがとうございます!
    コンディションに恵まれ、素敵なひとときを共有できたこと、こちらこそ、ありがとう。
    いい写真は沢山撮れましたか?
    なんせ、近いですからね。またすぐにでも来てください。
    世界一の湖でいつでもお待ちしております。

    返信削除