2017年11月21日火曜日

『奥入瀬自然誌博物館』河合大輔さん著

先日、青森・十和田のカヌーガイド/周平・ヤスさんから進呈された奥入瀬本。


写真が多く、デザインも良く、見やすいなあ‥と思ったらそうですか、周平さんがデザイン担当か。
撮影した写真は時に丹羽大先生。
そしてそして、何といっても河合さんの書く文章がやはり素敵すぎる。
押し付けない。本全体を包みこむやさしさがにじみ出ているなあああ。

お買い求めは→おいけん

学生のとき、クモ(お空じゃないよ、昆虫でもないよ、スパイダーだよ)の研究をしていた。
小さな小さな世界に目を向けると、そこには人間界なんて到底及ばない大きな大きな世界ー気づき・学び・発見・感動・美しさーがあったことを思い出した。

ぼくは家をつくったことは一度もない。死ぬともしれない大空にDIVEなんてできない。
小さな小さな、人によっては見つけ次第殺されてしまう場合も多々あるクモはぼくが尊敬してやまない生き物である。
小さな小さな生き物への畏敬の念は、人間界以外、あらゆるフィールド、川に、湖に、山に、すべてとつながっていく。

生物が生息できる限界標高にいるのは、三つの生き物だけだと何かで読んだ。
クモ。鳥。人。

マクロな世界に答えがあるのだ。
一点にとどまることが、世界を旅する以上の旅なのだ。

この本を読むと、奥入瀬に行きたくなる。
雨の森を歩きたくなる。立ち止まりながら、ゆっくり。
蔦温泉、また行きたいなあ。
うん、行こう。
河合さんの視点で森を歩けたなら、森の色が変わるんだろう。虹色どころではないよな。
知らないことがまだまだいくらでもあることを知るところから、世界の色は足していける。
もっともっとカラフルな世界を味わってみたい。

2017年11月20日月曜日

『ヴィヴィモン』@鎌倉

逃避といえば、海だった。

何が何だか分からない。自分が誰だか分からない。もっと面白いと期待していたはずだったのにクソつまらない日常という現実。ただただ抱えきれない違和感に押し潰されそうになると、海へ逃げた。
何にもせずに、ぼーっと、ただただ、一日中海を眺めてぼんやり。
高校生だった。
友だちからメールが入る。「今日休み?」
『うん、海に来てしまっている。わはは。』

制服についていたであろう砂。親は何をどう思ったか。


縁あって、縁を感じるお店。
とある店にはフラれたが、【カフェ ヴィヴィモンディモンシュ】へようやくたどり着いた。
店でコーヒーと向き合うときに背中を押してくれた存在。

(2015年11月15日てやんday:【活字の海で溺れたい2 「鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事」堀内隆志】)

音楽という情熱はさらりと流して、誰でもが入りやすく、誰でもにちょうどよく。
個性を強烈に打ち出すより、個性を内に秘める方がもしかしたら難しいことかもしれない。
良い時期に良い場所、良きコーヒーに出会った。

出先でおいしいコーヒーを飲めたときの喜びったらない。

2017年11月19日日曜日

for


眩い人たちに囲まれて。
好きなことをする。しごく単純なことを続けている人たち。
簡単なことがなかなかどうしてできないと嘆く人が多いことにもようやく気づきはじめてきて。
あれ、あの人もこの人もどうやらただ者ではないということか。
一緒にいると愉しくて。面白くて。予測不能すぎて。先が読めないから物語に夢中になるように。
ぼくにはできないことをできる人がいたら、ぼくは嬉しくてたまらないから、ついていく。
楽しそうな人がぼくは好きだ。
はて、ぼくはその人たちにとってどう映るのだろう。くすぶってみえるのだろうか。はたまた、同じく、楽しげに見えるのか。

普通の顔で店に立っていると、おじさんが嬉しそうに「楽しいだろう、にーちゃん」とニタリ顔。
ん?しごく真面目な顔をしていただけなのに何故?
しかしまあ事実を否定することもせず、素直に答える。

「ええ、楽しいですよ。‥一緒に働きますか?」

そんな一日。
生きている限りは笑っていたい。



2017年11月17日金曜日

カフェCANOA再開

本日、なおきさんの誕生日。氷濤まつり制作陣仕事始め日。カフェ再開日。

三冬目。
リハビリがてらの「いらっしゃいませ」。
店の表にあった「テイクアウト」看板を「カフェ」に裏返して、カフェメニューを飾ったら、あら不思議。急に人がカフェだと思って入ってくるわけで。
「箱モノ」というのは使い方・使い手次第で、姿を変えるカメレオン。
一瞬で別の空間になる不思議。
しっかし、緊張感あるなあ。


冬ツアーメニューもかのあツアーメニューに三本上がった。
長いこと夢見ていたプログラムもある。
さて、どこまで可能性を見出していけるかな。

2017年11月16日木曜日

友だちというもの

どこがすごいとかイマイチとか、もう、よく分からんのです。


なんか、気付けばいつもなんとやら。

言葉と言葉の間。
行間で語らえる間柄ってのはそうないのだなあと、大人になるほど、色んな人と関わるほどに気付かされます。

友だち100人もいりません。

2017年11月15日水曜日

【ペンネンノルデ】11/19(日)『パンとおやつ市』@恵庭出店

支笏湖でこっそりマフィンを焼いている「ペンネンノルデ」出陣イベントのご案内。
ペンネンノルデ公式インスタグラムはこちら→【ペンネングラム】


■時間:10:00-16:00
■場所:黄金ふれあいセンター(恵庭)
◎主催:ミナミナ市

今回の主催は安定感あるミナミナ市さん。
アクセサリー作家でもあるこの方、とってもハートフルな方なので、イベント全体とても優しく居心地の良い空間になるそうな。
ズラリと豪華絢爛(広く浅く)なのも良いけれど、じっくりゆっくり丁寧に、狭く深くどっぷりと、という方がぼくは好きです。
一点から世界中どこにでも行けるのです。

さ、話がそれる前に、癒されたい方、おいしいものが好きな方は是非。

2017年11月12日日曜日

11/1-15 安達茉莉子『消えそうな光を抱えて歩き続ける人へ』@ひるねこBOOKS


谷中の「ひるねこBOOKS」へ。安達茉莉子さんのお話を聞きに行ってきた。


思い出すと単純な「楽しい」だけではなく、できるならば蓋をしたい苦く苦しい記憶、とか、気の知れた人だけに分かってもらえていればいいような自分のアイデンティティ成立への道、背景。

表現者というのは、どうしてさらけ出すのだろう。出せるのだろう。出さずにいられない、のだろう。

隠す、隠さない、隠したい、言う、言わない、言いたいけど言わない。言えない。
どこからが「嘘つき」「不誠実」「ごまかし」「逃げ」となるのか?
臆病者は市井の人を選ぶ。

何のために、とか、誰のために、よりは、
よりよく、生きるため、もっと、高く踊るため。