2018年1月16日火曜日

どこへ行こう 何をしよう

戦闘の前に雪遊びがしたい。当たりまくってるニセコ?岩見沢?
うーん、‥‥やっぱり、支笏湖。ここを知りたい。


人間ってのはすごいもんで。道具さえあれば漕いだり滑ったり何でもできる。
知恵の使い方を見失っている妙な世の中ではありますが。
スノーシューには面白くない雪。本日お借りした相棒・【スキーシュー】(歩行◎/登り○/滑り△という感じ?)なら楽ちん。足上げ不要。がに股(スノーシューは横幅があるので、いつもの歩き方はできない)にならんでよし。滑って稼げもするという。

ああ、スキーワールドの楽しみ方の幅の広さはカヌーに似ている。
カヌーはのんびりも激しくも、キャンプも釣りも、一人でも二人でも仲間とでも、何をしてもしなくてもよい。
テレマークの世界観は、カナディアンと似通っているとニセコの大先輩が言っていたなあ。どちらも道具に無駄がない。シンプルな分、乗り手次第、腕次第なんだって。
石川直樹さんの本に「全ての装備を知恵に置き換えること」というのがあるが、この言葉通りの世界感なんだろう。
カヌー、テレマーク、釣り。この三つはなんだかそれぞれにヤバい世界。


登って歩けて滑れたら、もう楽しい。
夏は決して立ち止まらない場所。雪の魔法がかかるとあら不思議。


「karhu」。
岩見沢の遊び人の教えに従い、スノボ用ソフトブーツを合わせてみる。グリップ感良好。相性良し。

2018年1月15日月曜日

冬はザワークラウトを仕込む


雪のない国では「雪」といえば、=白い。=寒い。=楽しい。「雪」という一文字にも様々あることが常識なのは雪国だけ。
最高の「雪」があれば最低の「雪」もある。「雪」なら何でも喜べるわけではないのだ。

最も煙たがられる雪。雪と雨の間、超雨寄りのぎりぎり雪。人はそれを「BETYAYUKI」と呼ぶ。
氷濤まつりには‥NO MORE 暖気!!!!!!

そう叫びながら冬と言えばのザワークラウトを仕込む。
和寒の越冬キャベツをざく切りして塩もみ(キャベツ重量の2%の塩)、キャラウェイシード、ジュニパーベリー、ローリエ、クローブ等のスパイスを揉みこみ、ぎゅっぎゅと保存ビンに詰めラップ、重しをのせて水分が上がるのを待つ。ぼくは一晩ほったらかす。
水分が上がったら重しを外してラップの上から軽く蓋。常温で数日乳酸菌発酵を呼び込む。
完成すれば半年ほど持つ。
育てる。寝かせる。毎日観察しないと分からない些細な変化を逃してなるか。
ちまちまと面倒臭いことがどうやらとっても性に合うらしい。
ザワークラウトというのはドイツの保存食で、日本語なら洋風漬物というところだろうか。これがまたおいしいのだよなあ。

2018年1月13日土曜日

天国のような湖

落ち着かない。こんな日に遊びに行かないなんて信じられる?
ぼくらの職場、like a heaven.
浮足立つなと言う方が土台無理ってなもんで。


「電線が気になるね。もったいないね」と友人に指摘されるまで気にならなかった電線。そう言われてみれば確かに。勿体ない。
「ニセコ町は電線を埋めてるんだよ」と聞き、スキー場に向かってみると、本当だ、そう言われてみれば確かに。
人の数だけ景色がある。世界がある。同じ場所にいて、隣にいる人と自分の目に映る世界が同系色とは限らない。
だからこの世界はオモシロイわけで、はずで。

美しい湖。いつも寄り添ってくれているみたいな気になるなと言う方が無理ってなもんで。どんな支笏も素晴らしい。どんなぼくらも素晴らしい。称え合って生きていこうぞ。

命を大切にしないやつなんて、大っ嫌いだ!!
byテルー(ゲド戦記)


2018年1月12日金曜日

「おなじ話」ハンバートハンバート


年末、素敵な唄を教わった。


ハンバートハンバート。夫婦の掛け合い。

「どこにいるの?」「なにをしてるの?」「どこへ行くの?」「そばにおいでよ」

寂しいってのは、何でか、何だかいいんだ。

2018年1月11日木曜日

お金・言葉・心の波を乗りこなしたい2018

以下思考整理の独り言。面倒くさいので読み流してね。


写真は「野々傘」の冬季限定メニュー。肉たまカリーうどん。どろりっち。


目を閉じて、まあるい円を描いてみる。
その円の五倍の大きさの円を想像してみる。
線の違いに愕然とする。
それでもきっと、それよりさらに、五倍どころではない円がさらに大きく描かれていたに違いない。

主観と客観、自己と他者のズレについてのお話。
沢木耕太郎は「自己に淫する」と言っていたが、若いときは多かれ少なかれ皆「自己に淫する」はずで。
ぼくの場合はそれが非常に激しく、また、長期に渡っていた。

人からどう思われるか。どうでもいいとずっと思い、言葉にしてきた。
「どうでもいい」ということほど、ものすっごく気にしていることであることにも気付いた。言葉の使い方を間違っていた。ぼくは言葉を全部裏返して使うことに慣れ切っていた。
いいかげん、これから先の人生は自身の感情を認めてあげることにする。きっと、強がりなだけだったのだろう。諦めていたのだろう。
耳をふさいで、とにかく、自分の声ばかり、声だけ聞こえるように。
人の声を聞くことがこわかったからなのかもしれない。現実を受け止める準備が整っていなかったのかもしれない。すべては、曖昧な記憶だけが手がかりなので仮定でしかない。

とにかく他者の目が、声がこわすぎて、対処するためにとった戦法は、すべてを無に帰す「見ないふり」だったのかなと、ようやく今振り返って思う。ぼくはあまりに弱かった。

誰かに刺激される感情に夢中で、ぼくの存在が誰かに与えていた感情というのがあるなんて、あるかもしれないなんてこと、まさか夢にも思わなかった。

世界の色は変えられる。自分が変わってしまえば世界がついてくる。
置いていかれるか、世界。むしろ、置いてく勢いで、世界。

2018年1月7日日曜日

知らないことを知ってみたい~石膏ボード編~

店ができてからずっと、不可思議だった石膏ボードというやつと向き合うことにした。
「分からない」というのは、あまり気分が良いものではない。
ぼくは君のことが知りたい。君と仲良くなりたい。教えてほしい。‥ノックノックノック。うーむ。音の違いにイマイチ確証を持てない。叩きすぎて手が駄目になりそうだ。
そうか、ぼくは人間だ。道具に頼ろう。そうしよう。
どんな世界も、まず、道具がオモシロイ。
石膏ボードと仲良くなることも忘れ、道具選びに熱中したここ数日。


さて。
左から
1
壁ロック(→商品名。別名「ボードアンカー」である。石膏ボードは脆い。普通のビスでは固定されない。困ったときはコレらしい。これをドライバー一本でねじこんで、そこに普通のビスをはめる。摩訶不思議。なるだけ下地があるところに使った方が良いとのことである)
2
スピードミニ(「ボードアンカー」を使わずに、脆い壁自体を強化するコペルニクス的転回風グッズ。革新的アイディアに思わす入手してしまった。普通のビスで打ち込み可能となる。強度も十分とのこと。)
3
下地探し ドコ太(4のセンサーで大方の目安をつけたら最終チェックとして細い針を刺してダブルチェックするアイテム。穴は小さいが空いてしまうので多用は避けたい。鉄にも反応するタイプをチョイス。針が通れば中は空洞。針が通らなければ下地あり。しかし、力次第でどこにでも針が通ってしまう気がするのは経験不足だろうか?現時点ではあまり信用できずにいる)
4
下地センサーsuper(電池式。壁をなぞると、下地の木材があると思われるところに反応する。結構的確な気がする。とにかく、楽しい。)

おかげさまで、カーテンレールの固定に成功した。
いつ落ちるか不安で開けることのできなかったカーテンが開けられるようになった。
些細なストレスに人は慣れるが、ストレスの芽は早めに摘むに限る。

昨日までできなかったことができるようになる、という分かりやすい進化という名の喜び。
今日は壁ロック記念日。

2018年1月6日土曜日

すけすけパンツを思い切って捨てた

しょぼい下着を履いていると人間もしょぼくなるらしい。
病はパンツから。‥ということで、
昨夜、履き古して非常にセクシーになっていたパンツを一枚、思い切って捨てた。
2018年。どんとこい。

様々において冷静に、客観的に物事を見つめることー自分との対話の時間を持たずに、「やらなければ」、「すべき」という義務・使命感に支配され、
ここでも飽きるほど書き連ねている「誠実」であること、目の前の人を大切にすることをぼくはおざなりにしすぎていたのかもしれない。
あらゆる場面において、質を守ることは、ぼくがせずにはいられないことではあるが、けっして義務ではない。

まあ、何というか、年末年始の間に新たな階段が目に入ったところで。目から鱗というやつです。新鮮な驚き。
まずは視界に入らないと階段は存在しないのと同じ。存在しないと上がれません。
より良い眺望を得るための好機と見ているわけです。

コチラは楽しげなヤツ↓
大滝クロカンスキーコースが今季オープン【伊達】