2013年10月8日火曜日

何歩引いても楽しげなSotocafe風景

一日、曇天。

午前はガイド同乗珍Sotocafe。
バウマン(前に乗る人)は、喋り、奇声を発し、撮りまくる。
スタンマン(後ろに乗る人)は、漕ぐ。あっちもこっちも優しく見守る。

ぼくに一眼持たせると危険です。パラパラ漫画もびっくりするほどにシャッターを押し殴りますからね。
メモリーカードは空にしてお越しください。

今年はカメラマンもどきとしての風格が備わってきたような‥。
似合う、似合わない。これ、意外ととっても大事な要因だと思うのです。
悪くないと思うんだ、カメラ。


 一歩引いても、楽しげ。


八歩引いても、やっぱり楽しげ。


 十七歩引くと、「Pちゃんを探せ」。



人の数だけ世界があることを知ったのはいつだろう。
一緒にいてもぼくらはそれぞれ。だから、ぼくの地図と君の地図、拡げ合いっこしよう。



ぼくらの日常。
それは、分かりやすい美しさの中にある。

でも、本格の(坂口安吾か)美しさはそれぞれの日常にしか転がっていないから、あなたの「美しさ」はあなたの日常に探してみてほしい。
日常以上の非日常なんて、ご都合主義、空想の虚像的産物だ。



水に濡れ、艶っぽく輝くヤマブドウ。今年は豊作。


 陸から見ると、羨ましいものだ。妬ましいので閉じ込めてみた。



穏やかなので、 仲良し三人組はそのまま湖上へ。



どんより、遠くが霞む不思議な日が続いている。


行ったことなんてないけれど、月とか砂漠は、きっとこういう感じ、だろう。

目の前の世界は、「ぼくら」のすべてであり、また「ぼくら」の一部でしかないことを自戒も込めてお忘れなく。



 ぼんやりした湖に比べ、千歳川源流部は目の覚める緑。



源流部。さらりとバケツ二つ分のゴミが集まった。
「ゴミ拾い」なんて、「ゴミ移動」でしかないのだが。




4 件のコメント:

  1. こんにちわ!10/8に参加しました私達です。
    本当に綺麗で神秘的で自然って素晴らしいなと心が洗われました!!
    カメラを撮って頂きありがとうゴザイマシタ☆(次はメモリーを空にしておきます。笑)

    返信削除
  2. お疲れさまです、『かのあ裏ブログ』へようこそ&コメントありがとうございます!
    少しはいい写真があればいいのですが。
    ぼくらガイド人も思いっきり楽しませてもらいました。
    支笏は春も夏も綺麗なのでまた撮りまくりツアーしましょうね。
    相方さまにもよろしくお伝えください(* ̄∇ ̄)ノ

    返信削除
  3. 8日に参加しました、“相方”です(笑)
    やっとの思いでこのページに辿りつきました。

    倒木や木々、水面にういている葉・・・
    普段の生活では決して見る事のない、言葉では言いがたい、とても新鮮なものでした。
    貴重な、とてもとても充実した、楽しい3時間でした。

    そしてステキなお写真を沢山とって頂き、本日相方からもらいました!
    カメラの腕前がさすがです、全く悪くないです!!
    私たちに同行して、カメラマンしてもらいたいくらいです(笑)

    本当に色々ありがとうございました。
    沢山、たくさん感謝です!

    来年も支笏湖へ行こうと話し合いました。
    来年の夏、更に綺麗なShowTimeを楽しみにしていますね♪

    返信削除
  4. >高山真澄さま
    おはようございます。やっとの訪問&嬉しいコメント、ありがとうございます!
    あの日の川の中は完璧な静寂でしたね。いい写真はそのおかげかな。ありがと、支笏。
    冬はお二人の専属カメラマンとして雇ってもらうかな。なんてね。良かったです。

    こちらこそ、お二人の貴重な旅時間を共有でき、沢山感謝です。
    お、早速来年の旅行計画ですか?
    ではではサンダルでの再会を楽しみにしておきますね。
    そのときはSDカード予備をお忘れなく(笑)

    機会があればまた、いろんなところで漕いでみてくださいね。カヌーは面白い。

    返信削除